薄毛を予防する日常生活

薄毛治療のCMが流れない日はないと思います。
それだけ薄毛を気にする男性は国内で増加している傾向にあると考えることが出来ます。

治療薬を使用したり、専門のクリニックなどで治療を受けることは大切ですが、まだ薄毛の症状が軽いのであれば生活習慣を見直すだけでも薄毛・抜け毛を防ぐことが出来ます。

日頃の生活を見直す方法などを解説していくので、寂しくなりつつある頭皮の改善を実践してみて下さい。

薄毛・抜け毛を防ぐ生活習慣

不規則な生活を続けていることで、頭皮が薄くなってしまう人は非常に多いと言われています。
この中には、日頃から避けることができない「ストレス」についても含まれます。

■不規則な生活

例えば、昼夜が逆転している生活を続けている場合には、自律神経(交感神経・副交感神経)のバランスを乱すことに繋がるので、髪の成長を阻害することになります。

■過労とストレス

また生活するためには仕事が必要となりますが、肉体的のみならず精神的にも負担を増加させます。
過労やストレスなども薄毛や抜け毛を招く1つの要因となります。

「最近、髪がよく抜ける」「仕事をしてから薄毛になりはじめた」など、からだは髪を通してSOSのサインを出しています。
脱毛症を起こしたり、ひどい場合には円形脱毛症などに悩まされてしまうこともあります。

薄毛や抜け毛のメカニズムについてははっきりとしてはいませんが、円形脱毛症は自己免疫疾患の1つとして考えられています。
自己免疫は外の敵から守るために働くものですが、その免疫力が自身の毛髪を破壊してしまうことで起こります。
つまり、異常な免疫反応です。

こうした事が起こる原因には、不規則な生活ばかりでなく日常生活の喫煙や飲酒なども関係しているとされています。

薄毛改善に重要な食生活の見直し

また生活の中で絶対的に欠かせない「食事」も乱れることで薄毛・抜け毛を招くようになります。

髪に十分な栄養が回らないことは勿論ですが、最も多いのが皮脂の分泌が増加し髪が成長できなくなるという事です。

皮脂の分泌が増加するのは、とくに肉類を主食として食べている人に多く見られます。
肉の中に含まれている多くの脂肪分がからだの中に蓄積され、それをからだが排泄しようとするので脂肪が皮脂となって汗などと一緒に分泌されるようになります。

頭皮は汗腺がもっとも多い場所と言われていることから、他の部位に比べても皮脂が分泌されやすく毛穴を皮脂が塞いでしまいやすいです。
毛穴が詰まってしまうことで、髪が抜けやすい状態となります。

ここまで挙げた事に注意して生活することで、毛髪の健康状態を改善することができるようになるはずです。

プロペシアの通販

メインメニュー

おすすめ記事