AGA(男性型脱毛症)に悩む患者数と改善対策


AGAとは、男性型脱毛症という名前のとおり、成人男性によくみられる薄毛で悩まされている方のことです。

これらの原因は、いまのところ遺伝など男性ホルモンによる影響が多くの要因とされています。

症状が進むと抜け毛がさらに進行してしまうため、薄毛治療薬による早期改善が必要とされています。

AGA患者数と治療者数の実態

今現在、このAGAで悩んでいる成人男性の数は、なんと全国で1,260万人にも及ぶといわれています。

その中で、その自身の症状を気にしている人は、800万人といわれており、さらにその中でケアしたり治療をしたりしている人は650万人ほどといわれています。

つまり、薄毛に悩んでいる方の半数ほどが諦めてしまっているのです。

20~69歳の成人男性4,200万人のうち、大体3人に1人がAGAといわれています。
薄毛の進行を放置してしまうと、症状は改善されるどころかどんどん悪化するため、結果的に手の施しようの無い状態となり、早期による治療にて対応できるものもできなくなってしまうケースもあります。

薄毛や抜け毛が気になりだしたら早めの対策を行うのが鉄則です。

薄毛改善に向けて効果的な方法


現在薄毛が気になっている、気になりだしはじめた、という方には、プロペシアを試すことを強くお勧めします。

プロペシアは最強の経口剤として、実際に消費しているエンドユーザーなどからの呼び声が高い、AGA(男性型脱毛症)の方へ向けて開発された効果の高い治療薬となります。

服用者から、効果を実際に得られたという声が数多く寄せられていることもあり、現在、13,000もの医療機関にて薄毛に悩まされている人へ処方されています。
しかし、リアップなどのOTC薬品(一般用医薬品)とは異なり、専門医師による処方箋が必要な医薬品となります。

また、保険が適用されないこともあり、患者さんの負担が高いことがデメリットとして取り上げられますが、これに関しては今ではインターネットによる個人輸入で誰でも簡単に費用を抑えて入手することが可能です。

先発薬となるプロペシアの主成分となるフェナステリドと同じ成分のジェネリック医薬品を購入すればさらに安価にて商品を入手することが可能なため、1度専門医師に自身の状態を相談の上、自分にあった症状にあわせて、このフィナステリド成分が含まれたジェネリックを購入して育毛をすることも1つの手段だと思います。

プロペシアの通販

メインメニュー

おすすめ記事