ジェネリックを含むお得なAGA治療薬購入方法

薄毛に悩む男性は、日本国内だけでも1,000万人を超えると言われています。
薄毛を専門的に取扱うクリニックなども増えてきており、CMなどでも「薄毛は治療できる」として宣伝を行っています。

少しでも髪の量を元に戻したいと考えるのであれば、やはり治療薬を使用するのがもっとも効果的です。

逆を言えば、個人的に誤ったケアを続けていると症状が改善されないどころか悪化させてしまうこともあります。

そこで今回は薄毛治療薬の入手方法について、ご紹介したいと思います。

薄毛治療薬の購入手段


薄毛治療に有効とされている薬には、「プロペシア」と「ザガーロ」という飲み薬があります。
どちらの薬もクリニックなどで処方して貰うことも出来ますが、ジェネリックや海外医薬品を個人輸入代行サービスを利用することで低価格で購入することもできます。

ここからは2つの方法を分けて、治療費負担なども比較していきます。

クリニックでの処方


AGAを専門的に取扱っているクリニックに受診することで、適切な治療を受けることができます。

ただし、1つだけ問題があります。
薄毛治療に対して保険の適用はありません。

つまり全額自費での負担となることから、「いざ治療しよう」と思ってもなかなか治療に踏み切れないこともあります。

プロペシアやザガーロはクリニックで処方してもらうとなると安くても1錠300円はするので、これを毎日の服用となると薬代だけでもバカになりません。
途中で服用を中断してしまうと治療の効果もしっかり発揮されないので、経済的な事情とも相談しなければならない方法になります。

個人輸入代行サービスでの通販


これは海外の医薬品を輸入するのを業者が代行して行ってくれる方法になります。

語学力なども必要なく、国内通販と変わらぬ方法で注文することができます。

また病院特有の待ち時間などもなく、好きな時に薬を注文することが出来るので便利に活用することができるはずです。

プロペシアのジェネリックである「フィンペシア」であれば1錠は約36円、ザガーロのジェネリックである「デュタス」は約84円ほどになっています。

ものによっては1/10ほどにまで薬価を抑えることができるので、高額な負担とはならず長期的に治療を続けることが出来るようになります。

デメリットとしては、海外からの配送となるので到着までに日数を要することです。
大体、10~14日を目安としているので薬の残量の管理はきちんと行う必要があります。

自分に合った方法で治療薬を購入して、薄毛改善に役立ててみて下さい。

プロペシアの通販

メインメニュー

おすすめ記事